日本発のICOプラットフォームCOMSA
ICOとは企業などがトークン(株のようなもの)を発行し、資金を調達する事
しかし、ICOをするにはハードルが高い
ICOをしたいと思っている企業はICOのノウハウがない
トークンといえば日本で身近な仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上に作る
ERC20やNEMのブロックチェーン上に作るMosaicなどがある

企業からしてみれば、上記のERC20やMosaicのトークンを自力で作り、
ICOをするよりもCOMSAを利用した方が簡単で手間がかからない

つまり、COMSAは仮想通貨の東京証券取引所みたいなもの
COMSAに上場すると簡単にトークンを発行する事ができる
それを、イーサリアムやNEM、COMSAトークンを使って購入する

今後、COMSAで上場を予定しているのは、
メタップスの時間取引所タイムバンクや安価な電力供給を提供するLOOOP
仮想通貨のマイニング事業を展開するCMJ(クリプトマイニングジャパン)
米国のVR/ARプラットフォーマー大手「CYBERLAB9」がVERSESだ

LOOOPとCMJ、COMSAや仮想通貨の取引所Zaifを展開するテックビューロ社は
技術提携し、仮想通貨のマイニングをするのだとか
LOOOPが電力を供給しCMJがマイニングをしてテックビューロが販売する

COMSAが値上がりする簡単な理由は以下の通り
①企業の資金調達方法がIPOからICOになる。つまり、COMSAは株式市場に取って代わるため
②2017年に仮想通貨で大きな利益を上げた人は、2018年さらに大きな利益を狙うためにトークンを買うため
③COMSAトークンはICOで既に調達額100億円を達成しているため
④ホリエモンが買っているため
⑤上場してわずか9日で上場価格の4倍に跳ね上がったため
⑥普通にICOをするよりもCOMSAを使ったICOの方が資金が集まりやすいため
⑦COMSAのICOにはCOMSAトークンで参加でき、COMSAトークンで参加すると
 5%ボーナスを貰えるため

COMSAトークンが買えるのはCOMSAを開発したテックビューロ社が運営する取引所Zaifだけ
zaif:https://zaif.jp?ac=xf4qx5c9g6zaif.jp/?ac=xf4qx5c9g6 bitFlyer:https://bitflyer.jp?bf=r3uahecebitflyer.jp/?bf=r3uahece coincheck:https://coincheck.com/?c=uc3_TJGjkzo