青汁の原料

青汁の原料は、すべてが一緒というわけではありません。○○の青汁とか名前に青汁が付いていても、青汁の原料はさまざまなのです。
 かなり昔のことになりますが、発売当初は【ケール】というキャベツに似た原料が主流でした。ケールは栄養価がかなり高いので効果もかなりありますし、今でもケールを原料にした青汁はたくさんあります。しかしデメリットもあり、お世辞にも飲みやすいとはいえず、子供にはちょっと厳しい感じでした。青汁の効果を感じた人は是非、子供や孫に飲ませたいと思ったようですが、かなり難航したという話も聞きました。
 最近では、大麦若葉という原料を使った青汁が多くなっています。大麦若葉もかなり栄養価が高いことで有名ですが、メリットとして飲みやすいことが挙げられます。抗酸化作用もあるようなので、健康に関しては広範囲に効き目がありそうです。
 次に、明日葉(あしたば)を原料とした青汁も見かけるようになりました。この明日葉も天ぷらなどで食することができるくらいなので、飲みやすいといえます。これらの主原料に、はちみつを配合したものや最初から豆乳を混ぜてジュースタイプにしたものなどさまざまです。また、美容効果狙いでヒアルロン酸を配合しているものも登場しています。女性へは朗報ですね。

注目コンテンツ

banner 青汁効果で便秘解消

詳細はコチラ

banner 青汁の選び方

詳細はコチラ

banner 青汁の原料

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 いつでも青汁!. All Rights Reserved.